スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MI Hao Hang TOM CHUA CAY

今日はですね、ASIA FOODS CORPORATIONのインスタント袋麺です。こちらです。

002_20150320222421656.jpg

今回は、ちょっとどこかで見たことのあるような袋麺のパッケージでして・・・ブランド名はHAO HAOでなくHAO HANGであります。風味的にもベトナムで定番の酸っぱ辛いエビ風味と同じであります。数日前、この件についてこちらのインターネットのサイトでも取り上げられておりましたが・・・確かに似ております。

001_20150320222704064.jpg

まだ私の近所の大手スーパーでは、このHao Hangは見受けられませんが、ついにローカルの市場の中にあるお店で販売されておりました・・・ビナエースコック社の長年の代表作であるだけに非常に驚きました。一応、お約束として調理してみました。

006_201503202256155ec.jpg

お値段は、3,000ドンです。あと、おまけで、似ているようで似ています。

WP_20150215_018.jpg
スポンサーサイト

MASAN OMACHI MI XOT CUA ALASKA

今日はですね、MASAN FOOD社のインスタント袋麺です。マッサンも佳境に入っております。こちらです。

003_2015031820191082f.jpg

今回は、OMACHIシリーズのちょっと高級感?が漂うパッケージです。風味的には、アラスカのカニ入りスープとなります。Chefとも記載されており、期待してみました。

005_20150318202613956.jpg

沸騰した鍋にトロリとしたペースト状の濃い色の薬味を入れますと、アラスカのタラバカニ?のような美味しそうな香りが部屋の中を漂ってきます。そして、マサンフード社が誇るポテトヌードルを入れて、待つこと3分!ベトナムの定番の刺激的なスープでなく、マイルドなテーストで、モッチリとした麺とあって美味しいです。

009_20150318210337f35.jpg

お値段は、6,000ドンです。あと、おまけで、ドラマの影響でしょうか?

WP_20150307_026.jpg




瓦そば

今日はですね、久しぶりに日本へ一時帰国した際に初めて食しました一品をご紹介します。こちらです。

WP_20150312_014.jpg

今回は、妻と二人で北九州の門司港に行ったわけですが、お昼に何を食べようか?となりまして、ご当地名物の焼きカレーのお店も非常に気になりましたが、あえて瓦そばを選んでみました。

WP_20150312_012.jpg

何と言いますか、最初の印象として、お蕎麦の上にいろいろと乗っかっているので、どんなものかな~と思いましたが・・・個人的には、お蕎麦といいいましたら、シンプルにもりそばの方が好みなもので。しかしながら、丁度その日は、冬のような気候で寒かったので、茶そばと牛肉と錦糸卵がうまい具合にマッチして、美味しかったです。お会計は、二人前で2,160円です。あと、おまけで門司港から・・・

WP_20150312_019.jpg






木更津 竹岡らーめん 太田

今日はですね、久しぶりにこちらのらーめんをご紹介します。

WP_20150307_048.jpg

道に迷わなければ?木更津駅東口から徒歩で9分くらいでしょうか、太田というエリアにあるラーメン屋さんなのですが、よく学生時代にお世話になりまして、自転車通学している時は、土曜日のお昼頃とかよく行きました。自分の記憶の中では、もうちょっとスープの色が濃かったような印象がありましたが・・・

WP_20150307_049.jpg

昔と変わらず調理している女性陣が、きっちりと茹でました麺です。個人的には、このスープの濃さが懐かしく美味しかったです。麺も案外モッチリとしていて良かったです。

WP_20150307_052.jpg

私が行った時間帯には、ゆったりとご家族の方やサラリーマン風の方や現場系の人もいて、以前と変わらないお店の雰囲気で満足しました。閉店が午後8時ということを再確認しました。お会計は、530円です。あと、おまけで、味が自慢、キッコーナン?

WP_20150307_046.jpg
プロフィール

ピンピンさん

Author:ピンピンさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
今日のお昼のインスタント麺
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。