スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MICOM Mum Ngon Mi Lau Tom Chua Cay

今日はですね、ASIAN FOOD TECHNOLGY社のインスタント袋麺です。こちらです。

003_20150428182041be8.jpg

今回は、定番の酸っぱ辛いエビ入りの鍋風味のインスタント袋麺です。100%天然のトウガラシが入りのチリソースが売りらしいのですが・・・どうでしょうか?

004_20150428183103172.jpg

いつもの何と言いますか舌がビリビリとくるような調味料のテーストでなく、後味が非常にいいです。美味しいです。

009_201504281835076ea.jpg

お値段は、3,500ドンです。あと、おまけで、みんなで仲良く作業中・・・

^96C5AFC2F436CC1557AC06770B9F4D535F69A3C5B954166619^pimgpsh_fullsize_distr


スポンサーサイト

BICH CHI HU TIEU SA DEC

今日はですね、BICH CHI FOOD社のインスタント袋麺です。こちらです。

010_20150428181925d46.jpg

今回は、フーティウというお米からできた麺ですが、ベトナムのメコンデルタにあるSA DECという地域を冠したインスタント袋麺であります。南部を代表するフーティウでは、他にフーティウナンヴァンとフーティウミート―があります。

014_20150519174807a49.jpg

特にお野菜の方は準備せずに丼ぶりに熱湯をかけて待つこと4分!とにかくフーティウがしっかりとして歯ごたえがあって非常に美味しかったです。いいでしょう。

015_20150519175305fee.jpg

お値段は、3,100ドンです。あと、おまけで、チャウドックから・・・

WP_20131116_004.jpg






Paldo Haha Hoho Mi tom chua cay

今日はですね、韓国のPALDO VINA社のインスタント袋麺をご紹介します。こちらです。

010_20150426170912043.jpg

今回は、ベトナムの工場にある韓国のテクノロジーが誇る?酸っぱ辛いエビ風味のインスタント袋麺です。袋のパッケージからだと海鮮っぽい感じにみえます。

014_201504261715379fc.jpg

お野菜の方は、パクチーのほうを準備してみました。韓国ということで、キムチも入れますと、結構辛い出来上がりになりました。スープは、甘辛いテーストであります。

016_20150426172253d75.jpg

お値段は、6,000ドンです。あと、おまけで、カンザーにある展望台からチヂミ上がりましタ・・・

WP_20150201_037.jpg

GFOOD MI KHONG CHIEN VI PHO BO

今日はですね、GREENFOOD JOINT STOCK COMPANYのインスタントカップ麺です。こちらです。

003_20150426164357a7e.jpg

今回は、カップ麺タイプのフォーボーであります。ボーですから牛肉タイプです。しかも麺がノンフライ麺ということで期待してみました。

006_2015042616483825e.jpg

熱湯をカップに注ぎこみ、待つこと4分!ノンフライ麺は、フォーというよりは普通のちじれた中華麺みたいで、なかなか口の中に入った時の食感がグッドです。スープは日本人にも合うやさしいテーストでして、飲みやすいです。

008_20150426170020ab8.jpg

お値段は、12,200ドンです。まあまあ高いですね。あと、おまけで、宇宙人に注意でなく、若い人は麻薬注意!

WP_20150426_004.jpg

MI XAO BO

今日はですね、本日のお昼に食しましたこちらの一品をご紹介します。ベトナム風の牛肉入り焼きそばであります。ストレート中太麺がなんとも美味しい焼きそばであります。最近ちょっとハマっています。

WP_20150417_002.jpg

今回は、ホーチミン市の4区にある屋台からでありますが、4区という場所はホーチミン市の中でも最も庶民的な街として、昔から知れ渡っておりまして、良きにしろ悪しきにしろいろいろと話題性のある区であります。2003年か2004年頃でしょうか、あるマフィアの大親分が裁判に引っ張り出されて、裁きを受けておりました。テレビでその模様が生放送で流されておりましたが、そのエリアを掌握していたのが、この大親分でありまして、物凄い影響力がありました・・・ちなみにこのおばさんは全く関係ありません。

WP_20150319_001.jpg

お会計は、25,000ドンです。あと、おまけで、日本は今年戦後70周年ですが・・・

WP_20150415_002.jpg




NONG SHIM 湯麺

今日はですね、韓国のインスタント袋麺をご紹介します。一応グーグルでも翻訳してみました・・・。
こちらです。

012_20150417234009afa.jpg

今回は、韓国のNONG SHIM社の油麺です。あともう少しである意味ノルマ?である韓国インスタント麺シリーズも終わりに近づいています。とはいえ、こちらが第一印象として美味しいのではと思っていた一品であります。

017_20150417234409605.jpg

お野菜の方は、チンゲン菜とキムチの方を準備しまして、沸騰したお鍋の中に薬味と麺を入れて待つこと4分30秒くらい!いい感じに麺のほうもゆで上がり、食しますと普通に美味しい出来上がりとなっています。最後に入れるトウガラシの薬味が非常にいいアクセントになって、程よい辛さであります。薬味のニンニクも入っているのもよいです。

020_20150418000240e90.jpg

あと、おまけで、メコンデルタとある港から次々とバイク乗り込んでます・・・


WP_20150329_001.jpg




VINA BICH CHI BUN TOM THAI

今日はですね、BICH CHI FOOD COMPANYのインスタント袋麺です。こちらです。

001_20150421234512943.jpg


今回は、ブンと言われるお米からの麺とタイのエビ風味のインスタント袋麺であります。タイのテーストですと結構酸っぱ辛いイメージがありますが・・・

006_2015042123483873b.jpg


この会社のブンは、非常に弾力性があって、非常に美味しいです。スープもタイと記載されている割には、それほど辛くもなく、麺とあいまして、いいです。

009_201504212351407c6.jpg

お値段は、3,600ドンです。あと、おまけで、つい先日オープンしましたショッピングモールのゲームセンターから・・・

WP_20150419_010.jpg

OTTOGI ゴマラーメン

今日はですね、韓国のOTTOGI社のインスタント袋麺をご紹介します。パッケージに何と記載されているかわからなかったのですが、グーグルの翻訳で調べてみましたところ、ゴマラーメンであることが判明しました。こちらです。

002_20150412191952057.jpg

袋麺のパッケージにゴマの絵もありましたので、予想はしていたのですが・・・最近はインターネットからの翻訳の技術が、かなり進んでいるな~と痛感しました。ハングルを打ち込んだらすぐわかりましたから。

006_20150412194109819.jpg

今回は、野菜の方はキムチと長ネギを用意して、待つこと4分くらい!麺もいい感じにゆで上がり、隠し味としてのゴマ油も投入して食しますと、スープに深みがでてきましてなかなか美味でした。

009_20150412214447ce6.jpg

あと、おまけで、ブンタウ近辺の漁港から

116_20150413171304f31.jpg

COLUSA MILIKET MI BO DAC BIET

今日はですね、COLUSA MILIKET社の新製品のインスタントカップ麺です。こちらです。

012_20150412183049d81.jpg

今回は、とあるコンビニで購入しました一品であります。こちらのコンビニでは、インスタントラーメンやバインミ―といわれるフランスパンなどを食べることができるテーブルやイスも完備されておりまして、学生らしきカップルが狭い店内で愛?を語り合うのが定番となっています。空調が効いていて涼しいからただ単にたむろしているというところもありますが・・・

017_2015041218404676c.jpg

熱湯をカップの中に注ぎこみ、待つこと4分!プラスチックのカバーをオープンすると強烈な香りが、漂ってきます。カップ麺のパッケージには、ベトナム語でいいますところのDAC BIETですから特別な牛肉風味のテーストと記載されていますが、そこまでのスペシャルな感じはありません。ごく普通のカップ麺であります。

018_20150412190852b6f.jpg

お値段は、7,500ドンです。あと、おまけで、コンベヤー?

WP_20150411_004.jpg

THIEN HUONG MI CHAY

今日はですね、THIEN HUONG FOOD社のインスタント袋麺です。こちらです。


011_20150409163316886.jpg

今回は、MI CHAYですから精進インスタント麺です。信頼のおける?ベトナム人からの情報からですと随分と昔から販売されているらしく、印象的な紙の袋麺のパッケージであります。

012_201504091642547a6.jpg

スープのいい香りが自慢の一品であるということで、極秘に入手しました鳴門産のめかぶを少し入れて食しますと、なんとも言えない美味しさであります。非常にゴ~ンであります。

014_201504091649388ea.jpg

お値段は、2,900ドンです。あと、おまけで、お釈迦様の誕生図から・・・

WP_20150215_023.jpg
プロフィール

ピンピンさん

Author:ピンピンさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
今日のお昼のインスタント麺
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。