スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VINA ACECOOK MODERN MI TOM CHUA CAY

今日はですね、ビナエースコック社のMODERNシリーズのインスタントカップ麺です。こちらです。

001_20150629210230488.jpg

今回は、酸っぱ辛いエビ風味のインスタントカップ麺の新商品ということで、こちらのテレビCMでも販促されておりまして、3人の若者?が高層ビルなどを駆け巡った後に、このインスタント麺を食べるという内容であります。3分を意識した颯爽とした印象があるCMであります。
熱湯をカップに注ぎこみ、待つこと3分!いつも通りのエビの香りが漂ってきます。テースト的にも安定感のあるエビ風味で、美味しいです。

004_201506292122486ec.jpg

お値段は、6,400ドンです。日本円で、36円であります。あと、おまけで、ホーチミン市から・・・

WP_20150630_006.jpg
スポンサーサイト

VINA ACECOOK HIT HA GA XE CHUA CAY

今日はですね、ビナエースコック社のインスタント袋麺です。以前ご紹介したことがあるHIT HAシリーズのもう一つのテースト、酸っぱ辛いチキン風味のインスタント袋麺であります。こちらです。

005_20150627232336c1c.jpg

今回は、本日ネットサーフィン?している時に、ちょっとピンときた沖縄のラーメンに刺激されましたので、ついついこのような商品を購入してみました。ベトナムのスーパーにも海ブドウなるものが販売しておりまして、この辛ら~いインスタント麺に合うのではないかと思いまして、取り上げてみました。

002_201506272338564b6.jpg

ちなみにベトナムの海ブドウの価格は、90g入りで28,500ドン(日本円で162円くらい)であります。まあまあリーズナブルな値段でありまして、今回のラーメンの具として選んでみました。お野菜の方も沖縄風らしくゴーヤの方も準備しまして入れてみました。これが、案外苦さと辛さと相まって美味しかったです。海ブドウの食感ももちろん素晴らしく、プチプチとしていて良かったです。

011_20150627234702668.jpg

お値段は、5,200ドンであります。日本円でだいたい29円くらいあります。あと、おまけで、ブンタウ近郊の海岸から・・・

017_20150628000312cba.jpg

BICH CHI MIEN GA

今日はですね、BICH CHI FOOD社のインスタントカップ麺です。こちらです。

003_201506261845138f8.jpg

今回は、ベトナム語でミエンガ―といいまして、チキン風味の春雨であります。容量も50gと小さく、おやつ?とか小腹が空いたタイミングでみなさん食べるのでしょうか。この春雨なのですが、クズウコンとタピオカでんぷんから出来ておりまして、食感があまりなく、シュルシュルと口の中で溶けていく感じであります。スープは、濃厚なチキン風味だったのですが、これはカップ麺の容量のわりに粉末スープの量が多く、全部入れてしまったからでありまして、次回、食べる際には、少なめに入れたいと思います。麺が見えないので、久しぶりに持ち上げてみました。麺もこんな感じで・・・。

WP_20150626_003.jpg

お値段は、8,800ドンであります。日本円で50円くらいであります。あと、おまけで、ウシさんの絵から・・・

013_201506261948033f2.jpg



Paldo ビビン麺

今日はですね、韓国のPaldo社のインスタント袋麺をご紹介します。賞味期限が迫ってきましたので、取り上げたいと思います。世界情勢もいろいろと大変ですが、ギリシャの債務返済期限も今月末に迫っておりまして、EUどうなるのか・・・こちらです。

002_20150625231837140.jpg

今回は、ビビン麺であります。個人的に石焼ビビンバというのは、何回か食したことはありますが、ビビン麺というのは、たぶん食べた記憶がないですね・・・袋麺のパッケージからですと少し冷やし中華っぽいイメージであります。麺がいつものPaldo社のインスタント麺のように太くありません。ソースには濃縮リンゴ汁も含まれているということで、期待してみました。

005_201506252325187f4.jpg

600mlくらいの熱湯がフツフツとしているお鍋の中に麺を投入して、待つこと3分!いい感じに麺がゆで上がりまして、麺の縮れ具合もいいでしょう。これにソースをよくかき混ぜ合わせますと、なんとなく焼きそばみたいな出来上がりとなりました。お野菜の方は、キュウリの方も準備しまして、ビビン麺らしくいってみました。それほど辛くもなく、インパクトがありませんでしたので、コチュジャンを入れて食べてみました。

009_20150625232731f2d.jpg

あと、おまけで、バスの中にタイヤが・・・

2949946894362(1).jpg

路上でも・・・

WP_20150303_001.jpg

VIFON NGON MI LAU THAI

今日はですね、VIETNAM FOOD INDUSTRIES社のインスタントカップ麺を紹介します。風味的には、タイ鍋風味であります。こちらです。

012_2015062418080757b.jpg

今回のVIFONという会社は、1963年に創業して、一昨年、2013年に50周年を迎えた歴史ある会社でありまして、今までに日本、アメリカ、ポーランド、英国、ドイツ、フランスなど50ヶ国以上の国々に輸出している実績があります。

013_20150624181642b4f.jpg

お野菜にパクチーの方を準備しまして、熱湯をカップに注ぎこみまして、待つこと3分!事前に準備したパクチーとスープに入っているレモングラスの香りが爽やかな感じを醸し出してくれます。スープは、タイのトムヤム風をベースにしたもので、舌がビリビリとこないマイルドなテーストで美味しいです。食後、あと味がいい一品でありますが、汗だくとなりました。

017_20150624183024b7c.jpg

お値段は、9,500ドンです。日本円で、大体54円であります。あと、おまけで、ホーチミン市にあるY字橋からの風景・・・

WP_20150623_009.jpg

その逆からも・・・

WP_20150623_016.jpg


COLUSA MILIKET MI SUON

今日はですね、COLUSA MILIKET社のインスタントカップ麺です。風味的には、スぺヤリブ風となります。こちらです。

003_20150623235642284.jpg

今回は、とあるスーパーで購入した一品であります。このスーパーは、昔、ゾンビという映画がありましたが、そこに出てくるような雰囲気があります。時間帯によるのでしょうが、私が行くときはお店のスタッフさんがお客さんより多いというところでして、なぜか?インスタント麺の掘り出し物があります。あと、全く関係ありませんが、ベトナムの方々はホラー系の作品が好きらしく、海外モノからベトナムモノまでよく映画館で上映されています。やはりカップル同士で盛り上がれるからなのでしょうか?
このショッピングセンターで食しましたMI XA XIU(ベトナム風チャーシュー麺)を少しだけイメージしながら、お湯を沸かしまして・・・

WP_20150623_003.jpg

熱湯をカップに注ぎこみ、待つこと4分!前回、ご紹介しましたMI BO DAC BIETほど強烈な香りはありません。ほんとにマイルドなスープと縮れ麺が、うまくマッチしたごくごく普通のインスタント麺であります。スぺヤリブ風というのは、あまり感じられませんでしたが・・・いいでしょう。

007_20150624112349688.jpg

お値段は、6,600ドンです。あと、おまけで、マンゴスチンが美味しいシーズンとなってきました。ちなみに1キロ40,000ドン(日本円で227円くらい)であります。出始めの頃は、1キロ100,000ドン(日本円で568円くらい)でしたので、だいぶ安くなってきました。

WP_20150621_001.jpg

MASAN OMACHI CHUA CAY

今日はですね、MASAN FOOD社のインスタント袋麺です。マッサンはいい感動で終わりましたが、ここ最近、朝の連続テレビ小説観ることが出来いないような状況になっておりますが、まれちゃん、どうなったんでしょうか?こちらです。

012_20150620234327e2b.jpg

今回は、OMACHIシリーズの酸っぱ辛いエビ風味のインスタント袋麺であります。発売当初からスーパーで箱買いしている家族に遭遇するほど、結構売れている印象がある商品であります。

013_20150620235806ade.jpg

お野菜の方は、チンゲン菜とオクラとモヤシのほうも用意してみました。やはり、麺は、マサンフード社の自慢のポテトヌードルが、モチモチとして素晴らしいです。スープは、酸っぱ辛いエビ風味と野菜がうまい具合にマッチしまして、その辛さもマイルドなテーストに仕上がりました。

017_20150621000431dd5.jpg

お値段は、3,200ドンです。あと、おまけで、ラオスのルアンパパーンから・・・


WP_20140131_078.jpg

キューピーあえるパスタソース

今日はですね、日本のキューピーからミートソース フォン・ド・ヴォ―仕立てであります。なかなか理解できないので、インターネットのあるサイトから調べてみますと、フランス料理の出汁であるフォンの一種と記載されておりましたが、それでもいまいちよくわかりませんが、こちらです。

001_20150619225655ce4.jpg

今回は、私のような料理が苦手な人にも手軽に美味しく調理できる一品でありまして、なぜか?我が家にあったので取り上げてみました。キューピーといいましたら3分クッキングが非常に有名でありますが、相変わらず平日11時45分から放映されているのでしょうか、子供頃、カゼひいて寝込んでいる時でも、このオープニングの音楽になぜかワクワクした記憶があります。母親も病気の時の方がやさしかったですな~。

003_20150619230448de0.jpg

パスタの方は、某テレビ局の番組から得た情報から調理前の2時間ほど、水で浸しまして・・・熱湯の鍋にそのパスタを投入して、待つこと1分!非常に早いですが、うまい具合に出来上がりとなります。あと、このキューピーちゃんをあえるだけとなります。日本の食品メーカーはいろいろと消費者にやさしいです~。

005_20150619231223ffa.jpg

一口食しますと、トマトの風味が広がります。意外と濃厚なテーストで自宅で、こんな簡単にパスタが食べることが出来るとは、さすがキューピーです。こちらベトナムでもマヨネーズの販売もしており、浸透しております。

010_20150619232021ca9.jpg

あと、おまけで、このパスタと関係ありませんが、つい最近のサイゴンの風景から・・・

WP_20150616_002.jpg







VINA ACECOOK MODERN MI GA CHANH OT XANH

今日はですね、ビナエースコック社のMODERNシリーズのインスタントカップ麺です。こちらです。

002_20150618170138eea.jpg

今回は、青唐辛子入りレモンチキン風味のインスタントカップ麺であります。パッケージにベトナム語でMOIと記載されておりまして、ビナエースコックの新商品です。毎回毎回いろいろな風味が出てきていますが、消費者の心を揺さぶろうというところでしょうか?
熱湯をカップに注ぎこみ、待つこと3分!フタをあけますと、アッという間に部屋全体がインスタントヌードル独特の香りで充満してきます。エースコックならではの柔らか縮れ細麺とスープの青唐辛子の辛さとレモンの酸っぱさが口の中で、拮抗しています。あとからビリビリと辛さが口の中に広がっていきます。いいでしょう。

008_20150618165904d80.jpg

お値段は、6,400ドンです。あと、おまけで、この果物の季節となってきました・・・ライチですね。

WP_20150613_004.jpg

東洋水産 バリうま とんこつラーメン

今日はですね、日本に一時帰国した際に北九州のとあるスーパーで購入しました一品、マルちゃんのインスタント袋麺をご紹介します。今の今まで後生大事にキッチンの棚にしまっておりましたが、こちらです。

010_20150617230203a80.jpg

今回は、とんこつラーメンでありますが、前回帰国した際に食しました北九州のラーメン一発さんをイメージ?して・・・ライフイズアドベンチャー!駐車場も完備してます。

WP_20150310_001.jpg

お野菜の方は、いつものようにモヤシとあと特別に2刀流で大活躍中の大谷選手が在籍している日本ハムも用意してみました。なんといいますか濃厚なスープが、まさにとんこつラーメンを再現しております。非常に美味しいです。ただし、麺がバリやわらわかになってしまいました・・・

017_20150617232413143.jpg

あと、おまけでサイゴン駅の風景から・・・

WP_20150616_006.jpg

バイクでや自転車?でハノイまで行く人がいますがたまには機動車で行くのもいいものかも・・・

WP_20150616_012.jpg


プロフィール

ピンピンさん

Author:ピンピンさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
今日のお昼のインスタント麺
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。